排泄用具の活用

排泄用具の選び方・使い方(レベルC・寝たきりで座れない人の用具)

おむつ

|用具の選び方、使い方一覧へ戻る|

中分類 利点 欠点 適応 禁忌 使用上の注意
テープ付き
紙おむつ
テープ付き紙おむつイラスト
吸収量が多い、保水性が高い、種類が多い、
使い捨て、
動きやすい
価格が高い、ゴミがでる 250ml以上尿が漏れる人、長期交換ができない人、洗濯や廃棄ができない人 漏れ量が少ない人、ひどいかぶれのある人 トイレ誘導の回数が多い人はテープがだめになるので、テープなしを使用する。おむつカバーの組み合わせを考えること
⇒テープ付き紙おむつの使用方法へ
瓢箪型紙おむつ
瓢箪型紙おむつイラスト
・身体にフィットする、動いても鼠蹊部よりの横漏れが少ない 股ぐりが痩せていると合わない、当て方に慣れが必要 股ぐりが痩せてない人 股ぐりが痩せている人 寝たきりの場合、特に横漏れが起きやすいので注意する、カップ状に成形してからあてる、おむつカバーとの組み合わせ を考える
フラット型
紙おむつ
フラット型紙おむつイラスト
股ぐりが痩せていても形を整えて横漏れを防ぐこともできる、パッドとして活用できる、敷いて使用できる 吸収量が少ない、座位姿勢では交換しにくい、動ける人は横漏れしやすい、当て方に熟練が必要 寝たきりの人、サブパッド的な使い方 活動的な人には使用しない カップ状になるように二つ折りにして当てる、おむつカバーとの組み合わせを考えること
瓢箪型
布おむつ
瓢箪型布おむつイラスト
天然素材なのですぐ交換すれば肌への刺激が少ない、再利用できる、平形よりフィット感がある、平形より少ない枚数ですむ 保水性に乏しい、洗濯の手間がかかる、運動機能が紙おむつに比べて悪い すぐに交換が可能な人、洗濯ができる人 長時間汚染したままにすること 活動的な人への使用、おむつカバーとの組み合わせを考える
フラット型
布おむつ
フラット型布おむつイラスト
天然素材なのですぐ交換すれば肌への刺激が少ない、再利用できる、股ぐりが痩せていても形を整え横漏れを防げる、排便後臀部を拭くことができる、敷いて使用することもできる 枚数を重ねるため交換が大変、洗濯の手間がかかる、かさばりが目立つ、歩行等の運動機能が制限される、 すぐに交換ができる人、洗濯が可能な人 寝たきりか活動しない人、長時間の汚染、活動的な人への使用 おむつの巻き方を体形に合わせる、おむつカバーとの組み合わせを考える
敷くおむつ
敷くおむつイラスト
おむつの使用が困難な人が対象。腰に巻くかベッドに敷いて使用する 特になし おむつ使用が困難(股関節が開かない人)な人、パンツをはく習慣がない人 特になし 特になし
パッド

|用具の選び方、使い方一覧へ戻る|

中分類 利点 欠点 適応 禁忌 使用上の注意
寝たきり用
寝たきり用イラスト
パッド類の中では最大の吸収量、男性用は陰茎を穴に差し込み、かさばらず目立たない、おむつより小型なので皮膚のかぶれが少ない 装着にパンツが必要 漏れ量が120ml以上の多い人 漏れ量が少ない場合は少量用を使用し、運動性を確保する 漏れ量に合わせてパッドを選ぶ
男性用
男性用イラスト
吸収量.大きさ.種類が豊富。陰茎にまくタイプやポケット状のパッドは効率的に尿を吸収する 陰茎からずれることがある。はめるのに慣れが必要 100ml以下の漏れ 陰茎が委縮していたり陥没している人 固定のために専用のカバーを必要とするものもあるので注意する
フラット型・兼用
フラット型・兼用イラスト
吸収量.大きさが豊富、コンパクトに吸収できるものが多い、目立たない 単価が高い 漏れ量が5mlから120ml程度の尿漏れ 基本的には多量の漏れがある場合 尿漏れ量に対応したパッドを選ぶ
ギャザー型・兼用
ギャザー型・兼用イラスト
男女とも使用できる、便をとる場合も利用できる。尿量によりサイズが選択できる 股ぐりに隙間ができると漏れやすい、大きいものが多い 漏れ量が50ml以上の人 漏れ量が極めて少ない人は必要ない 平形.瓢箪型.ギャザー入りがあり、選択の基本はおむつと同じ、横漏れ防止ギャザーが鼠蹊部に当たるとかぶれる人もいるので直接当たらないようにする
コンパクト型・
女性用
コンパクト型・女性用イラスト
携帯に便利なコンパクト包装、生理用ナプキンと同じ感覚で使用できる ごく軽い尿漏れ用(100 ml以下) 装着のためのパンツが必要、単価が高い 漏れ量の多い人 自分の漏れ量に合った製品を選択すること、尿量が少なければ生理用ナプキンでも利用できるが50ml以上はむりである
T字型パッド
T字型パッドイラスト
ベルト付なのでそのまま使用できる。下着感覚である。ベルトは交換可能。目立たず動きやすい。吸収量も多い ベルトをはめるのに慣れが必要 漏れ量250ml以下で活動的な人 特になし 横漏れ防止ギャザーやベルトが当たるとかぶれる人がいるので注意する

|用具の選び方、使い方一覧へ戻る|

© 2013 日本コンチネンス協会 All rights reserved.